ED治療処方薬の効果と特徴

異常を感じたら無理をせず休養し、必要ならば病院の受診を

性交に支障をきたす場合は勃起不全と診断されますホルモンバランスが整う好循環も期待出来る異常を感じたら無理をせず休養し、必要ならば病院の受診を

こうした自助努力と共に通院によって治療することも可能です。
ED治療は勃起不全の原因の一つである酵素を抑えつつ、血流を活発にする作用がある薬を処方されて服用することで効果を発揮します。
有名な処方薬ではバイアグラを筆頭にいくつかの処方薬がありますが、原則的にこの作用は同一であるのです。
狭心症などニトログリセリン系の薬と一緒に服用しないこと、血液が固まり難い病気の人も服用を避けるなど絶対に順守しなくてはいけないルールがありますので注意が必要になります。
食べ合わせ的にもアルコールと一緒に併用しないことや、その他の食物への注意もあるのです。
グレープフルーツなどの柑橘類と一緒に飲んでもいけません。
また空腹時の服用が推奨されている場合もあります。
事前によく医師や薬剤師に処方時のルールを確かめ、絶対に守るようにしましょう。
ED治療薬の効果は数時間から24時間程度だと言われています。
薬の種類によって違いますが、瞬発的に大きな効果を発揮する薬は効き目が早く持続時間が多くはありません。
反対に緩やかな効果の薬は比較的に持続時間が長くなっています。
ED治療薬を飲む時は逆算して、性交時の前に効果的に服用する必要があるのです。
薬の効能を感じると個人差はありますが、体がポカポカと温かくなることがあります。
これは血行増進作用により皮膚の表面温度が高くなることで感じる副作用なので、とくに心配は必要ありません。
その他副作用として胃もたれを感じたり眩暈などがする場合があります。
異常を感じたら無理をせず休養し、必要ならば病院の受診をするようにしましょう。